「社会を変える組織」をつくる PubliCo(パブリコ)

Newsニュース

2016.04 開講【PubliCoスクール】(全8回)

スクール情報

2016.2.3

応募多数につき募集数を5→10組織へ増枠しました!!

PubliCoスクール



PubliCoスクールの目的

PubliCoスクールでは、講義とワークをバランスよく取り入れながら、公益組織が自らの力で「社会を変える力」を身につけ、中長期的なアクションプランを策定できることを目的とします。

社会的成果のモデル構築、財源基盤安定化の仕組みづくり、組織基盤強化に取り組みたい組織はもちろんのこと、事務局長・No.2・右腕・参謀育成に意欲的な組織にも効果的なプログラムとなっています。

 

PubliCoスクールへの想い

  株式会社PubliCo CEO 長浜洋二  

writer_nagahama_profile物事を学び、身につけ、発展させていくには、何かしらの『型』が必要です。 武芸の世界では「守破離」ということがいわれます。「守」は教えを守り確実に習得する段階、「破」は自分なりに解釈を拡げ応用していく段階、「離」は独自の新しいものを生み出す段階です。

PubliCoスクールは、ここでいう「守」から「破」に該当しており、公益組織として備えるべき組織マネジメントの『型』とともに、それを発展させていく考え方や実務を学ぶことができます。組織として一度その『型』を身につければ、それを組織内で展開して仕組み化していくことが可能になります。一部の人しか出来ない職人芸から、誰でも出来る一般芸に展開していくことで、社会課題を解決するための強固な組織基盤が確立されます。

公益組織には、遠回りしている時間などありません。一刻も早く社会課題を解決することが期待されています。そのためにも、最も効果的・効率的に組織を成長させ、社会から求められている成果を創出していけるようなマネジメント力を身につけなければなりません。

If you have the will, PubliCo School’s the way!

 


 

  株式会社PubliCo COO 山元 圭太  

writer_yamamoto_profile「こんな学びの場があればいいな」
前職のNPOでマネジャー・ディレクターをしていた時にそう思っていました。だから、諸先輩方から学んだことをベースに自身の経験を踏まえて作ったのが、今回のPubliCoスクールです。
あの頃、僕は創業者や代表者とはまた異なる悩みを日々持っていました。
「どうすれば代表の想い(組織のミッション)をカタチにすることができるのだろう…」 「メンバーの力をもっと引き出すことができるのではないだろうか…」 「単なる資金集めではなく、社会を変えるファンドレイジングをするには…」 そのために理論を体系的に学び、実践して成果を出すまでの経験を伴走してもらえる機会が欲しいと。 自信作です。


スクールの特徴

1. 豊富な経験によるアドバイス
長浜・山元で2人合わせると、100を超える組織を支援してきた実績があります。
全ての回で2人を講師とし、豊富な経験によるアドバイス・サポートを行っていきます。



2. 成果志向の組織を養成
ほんとうの意味での社会的インパクトを目指し、必要な成果指標を一緒に設定していきます。


 

3. 経営幹部・次世代幹部の育成

経営に必要なノウハウを、経営幹部はもちろんですが次世代幹部も一緒に学び、考えることによって双方の育成につながります。


 

4. 中長期計画の作成

「今」必要なことだけではなく、「中長期的に」必要なアクションプランを作成していきます。


 

5. アシスタントによる伴走支援

参加組織には、最終発表まで一緒に伴走してくれるアシスタントがつきます。
アシスタントは壁打ち相手として存在し、第三者からの視点で疑問を投げかけることによって、議論を活発化させます。


 

6. 集合研修による他組織からの学び

複数の組織が参加することにより、他分野の様々なノウハウを学んだり、協業につなげたりすることもできます。


 

7. 連続講座のプログラム

全8回の連続講座により、単発セミナーでは得られない一気通貫した経営戦略を学ぶことができます。


 

スケジュール

日付 テーマ 内容
4月2日(土) 組織診断

組織使命
重点取組課題の見極め

ミッション・ビジョンの確認
4月23日(土) 関係者理解 ステークホルダー(関係者)分析
5月14日(土) 事業開発 既存事業の改善と新規事業の開発
6月11日(土) ゴール設定 成果目標/指標の設定
7月9日(土) 財源基盤 ファンドレイジング計画の策定
7月30日(土) 人材開発 チームビルディング
8月20日(土) 戦略レビュー 仮想経営会議による戦略の改善
9月10日(土) 戦略発表 中長期戦略案の最終発表

 

募集要項

  • スクール期間
2016年4月2日〜9月10日(全8回)

※いずれも、10:00〜17:00の予定です

 

  • 開催地
東京

 

  • 対象組織
社会問題の解決を目的としている組織

※法人格、事業形態、活動分野、地域などは問わない

 

  • 募集数
5組織 → ご好評につき10組織に増枠!

※代表/事務局長/部長クラスなど決裁権を持った方の参加が望ましい

※1組織から最低2名以上の参加必須(人数制限なし)

 

  • 選考基準
以下の4つのポイントを基準に、事前面談のうえ決定します

 

①事業の社会的意義

 団体が実施する事業の社会的重要度・緊急度

②社会的インパクト

 課題解決による社会や他団体への波及効果

③組織課題解決の緊急性

 団体が認識している組織課題の明確さと団体にとっての緊急度

④コミットメント

 組織関係者全員で取り組む意欲

 

  • 費用
1組織あたり15万円(税込)

※2月末までは、早割あり(1組織あたり12万円(税込))

 

  • 会場
公益財団法人 日本財団

〒107−8404 東京都港区赤坂1丁目2番2号日本財団ビル

 

  • お申し込み方法
お申し込みはこちらから

「お申し込み・お問い合わせ内容」の欄に必ず

PubliCoスクール申し込み」とご記載ください

(締切:2016年3月21日(月)まで)

 

  • 共催
日本財団CANPANプロジェクト

※日本財団共催により、後日CANPAN団体登録をお願いします

 


詳細につきましては、下記へお問い合わせください

【問い合わせ先】info@publico.jp

一覧を見る