「社会を変える組織」をつくる PubliCo(パブリコ)

PubliCoジャーナル

Webサイトでのファンドレイジングが「失敗する」7つの理由

Webマーケティング

2017.11.24

Writer堤 大介

Webサイトでのファンドレイジングが「失敗する」7つの理由

2017年も終わりが近づいてきました。

 

年末は一年の中でも寄付が盛り上がる時期です。12月に向けて寄付集めの施策を検討している団体や、来年度の施策を検討している団体も少なくないかと思います。

 

本記事では「Webサイトでのファンドレイジングが失敗する7つの理由」と題して、Webサイトの訪問者が「なぜ寄付をしないのか」その理由からWebを活用したファンドレイジング成功のヒントを考えてみたいと思います。

 

■Webサイトの訪問者が「寄付をしない」7つの理由

Webサイトを活用したファンドレイジングを実践している団体の皆さんは、団体サイトへの訪問者に寄付をしてもらいたいと考えているでしょうし、そのためにサイトへの訪問者を増やすことに日々取り組んでいらっしゃると思います。

 

ただ、実際にはWebサイトに訪問した人のうち寄付をしてくれる人の割合は小さく、ほとんどの人が寄付をせずに去ってしまっているのではないでしょうか。NPOのWebサイトにおける寄付の訴求に限らず、Webサイトで何らかのコンバージョンを訴求している場合にすべての訪問者がコンバージョンしてくれるということはなく、必ずコンバージョンしない人がいます。むしろ残念ながら寄付などのコンバージョンしない人の方が多いWebサイトがほとんどです。

 

では、なぜ訪問者はあなたの団体に寄付をしないのでしょうか?
いくつかの理由を考えることができます。

 

1. 寄付をするつもりがない
2. 寄付を「今は」するつもりがない
3. あなたの団体よりも良い選択肢がある
4. あなたの団体やWebサイトを信用していない
5. 経済的な事情で寄付ができない
6. Webサイトに技術的な問題がある
7. 寄付をする際の負担や障壁が多い

 

細かく考えるとこの他にも多くの理由を考えることができます。特に海外のWebマーケティング関連の情報を見ていると「Webサイトでコンバージョンが発生しない理由」と題する記事をみかけることがあり、Webマーケティングの戦略からWebサイトのデザイン・機能面、サイト訪問者の心理面まで様々な理由が考察されていますが、概ね上記の7つの理由に大別することができるように思います。

 

以下では7つの理由についてなるべく具体的なイメージを示しつつ解説を行います。

みなさまの団体のWebサイトではどんな理由が当てはまりそうか、チェックしながら読んでみてください。

 

本記事は以下に移行しました。続きは以下からお読みください。

 

Profile

堤 大介

Daisuke Tsutsumi

株式会社PubliCo コンサルタント

1986年北海道生まれ栃木県育ち 筑波大学第一学群社会学類卒。卒業後、2010年に楽天株式会社に新卒入社。新規事業開発系部門にて広告企画、マーケティング、webディレクション、事業開発などに従事し6年間勤務。2011年よりプロボノとして復数のNPOの支援を行い、2015年NPOへのITプロボノ支援NPO Make it Betterの立ち上げに参画し理事・共同代表を務めている。2016年5月よりPubliCoに勤務。

Facebookページ

一覧を見る