「社会を変える組織」をつくる PubliCo(パブリコ)

PubliCoジャーナル

データから見るWebサイトのスマートフォン対応の必要性

Webマーケティング

2017.2.7

Writer堤 大介

PubliCoのサイトは先月スマートフォン対応を実施いたしました。

 

本記事をご覧になっていただいている皆さまの団体のHPはスマホ対応はすでに完了しているでしょうか。

 

本記事では改めてスマートフォン対応の必要性について様々なデータから考えてみようと思います。

 

結論から言います。

 

NPOでもスマートフォン対応は必須です。

 今年中に対応を検討しましょう!

 

※本記事で使用するデータや図表は株式会社ジャストシステム「Marketing Research Camp」による『モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査』より引用させていただいております。

 

■インターネットはスマートフォンで見るのが当たり前の時代

 

皆さまの生活の中にもスマートフォンがすっかり定着しているのではないかと思いますが、インターネットにどんな機器から接続しているかという調査で「スマートフォン」と答える人の割合も実際に増え続けています。

 

2016年12月のデータではその割合は7割を超え、プライベートでのインターネット接続に最も使われているのがスマートフォンとなっています。

 

ネット接続に利用する機器

株式会社ジャストシステム「モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2016年総集編)」より

 

■スマートフォン化の波は若い世代だけの話ではない

 

団体によっては「自団体の受益者や支援者は年齢層が高めなのでまだまだスマートフォン対応は必要ない」と考える場合もあるかと思いますが、スマートフォンの活用はもはや若い世代だけの話ではありません。

 

先程のインターネット接続機器に関する調査は全世代の平均でしたが、世代別のデータで見ても50代前半までは男女ともに7割を超える方がスマートフォンからインターネットを活用しており、60代前半でもすでに4割を超えています。(ちなみに、10代、20代では9割を超えています)

 

対してデスクトップPCやノートPCを利用すると答えている方の割合は増えておらず、今後もこの傾向は続くと考えられます。

 

また、「見たい情報があったとしてもスマートフォンに最適化されていないために、離脱することがある」という質問に対してはむしろ若い世代よりも50代以上の方の方が「あてはまる」と答える割合が高くなっています。

 

つまり想定するターゲットがどの世代だとしてもスマートフォンを前提としたWebサイトの戦略が必要だということです。

 

 

■寄付の決済やイベント申し込みなどの手続きもスマートフォンから

 

HPをただ閲覧するだけではなく、インターネットショッピングについてもスマートフォンの存在感は急激に大きくなっています。

 

まず、2016年にPCも含めたインターネットショッピングを1年以内に利用したことのあると答えた方の割合は8割を超えており、しかも年齢層が高い程高い割合となっています。インターネット上で何らかの決済や手続きをするということは一般的なものになってきているといえます。

 

そしてインターネットショッピングで利用する機器について総数ではまだPCの方が多いものの、スマートフォンを利用すると答えた方の割合は2015年から2016年にかけて3倍以上に増えており、2017年もこの傾向は続く見込みが高いです。

 

ネットショッピングで利用する機器

株式会社ジャストシステム「モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査2016年総集編【トレンドトピック版】」より

 

NPOでは直接的に商品を売るという意味でのインターネットショッピングは当てはまらない団体も多いかもしれませんが、寄付の決済やイベントやボランティアの申し込みといった何らかの手続きを行う上でスマートフォンから快適に利用できる環境を整えておくことの必要性はますます高まっています。

 

 

■スマートフォン対応しないことによるデメリット

 

これまでスマートフォン対応していないことによりせっかくサイトに訪問してくれた方を逃してしまう可能性があることを述べてきましたが、スマートフォン非対応であることによってそもそも「サイトに訪問してくれる人の数が少なくなってしまう」というデメリットもあります。

 

Googleは2015年に「スマートフォンに最適化したサイトがモバイルでの検索で優遇されるようにする」という検索ロジックの変更を行っています。

 

つまりスマートフォン対応していないサイトは最適化しているサイトに比べて検索結果で表示されにくくなっているということです。

 

SEO(検索エンジン最適化)で自団体のことを知ってもらいたいと考える際にはスマートフォン対応は必須です。

 

 

以上、複数の観点からスマートフォン対応について改めて考えてきました。

NPO業界にはまだまだスマートフォン対応していないサイトも多いですので、ぜひこの機会に検討していただければと思います。

 

 

■参考:NPO向けのスマホ対応プログラム

以前「ニュース」でもお知らせした通り、PubliCoの当サイトのスマートフォン対応は株式会社ショーケース・ティービー様が提供するNPO向けのプログラムにてご対応いただきました。スマートフォン対応をご検討の方はぜひこちらもチェックしてみてください。

http://www.showcase-tv.com/corporate/csr/npo-support/

Profile

堤 大介

Daisuke Tsutsumi

株式会社PubliCo コンサルタント

1986年北海道生まれ栃木県育ち 筑波大学第一学群社会学類卒。卒業後、2010年に楽天株式会社に新卒入社。新規事業開発系部門にて広告企画、マーケティング、webディレクション、事業開発などに従事し6年間勤務。2011年よりプロボノとして復数のNPOの支援を行い、2015年NPOへのITプロボノ支援NPO Make it Betterの立ち上げに参画し理事・共同代表を務めている。2016年5月よりPubliCoに勤務。

Facebookページ

一覧を見る